マレーのベルジャヤ、国際大学区案件を売却

マレーシア系ベルジャヤ・ランド・ベトナムがこのほど、ホーチミン市で計画していたベトナム国際大学区(VIUT)案件の97.7%を、地場不動産グループに11兆7,480億ドン(5億1,600万米ドル、約552億円)で売却した。12日付VNエクスプレスが報じた。 案件は、2008年に市が教育…

関連国・地域: ベトナムマレーシア
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中国から履物生産移管の動き アディダス、越の比率5割余りに(06/18)

韓国の現代モービス、越をソフト研究拠点に(06/18)

バンドン空港、12月に供用開始へ(06/18)

ハノイ・HCM市空港、滑走路修繕が必要に(06/18)

HCM市の集合住宅、売り出しが4割減(06/18)

ズンクアット製油所、売上高目標の7割達成(06/18)

タイSCG傘下、ビンミン株を買い増しへ(06/18)

イークラフトマン、ファハサに日本産品販売(06/18)

英大使館、野生生物保護で短編映像コンテスト(06/18)

FPTが小中学校、大学院まで一貫教育(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン