マレーのベルジャヤ、国際大学区案件を売却

マレーシア系ベルジャヤ・ランド・ベトナムがこのほど、ホーチミン市で計画していたベトナム国際大学区(VIUT)案件の97.7%を、地場不動産グループに11兆7,480億ドン(5億1,600万米ドル、約552億円)で売却した。12日付VNエクスプレスが報じた。 案件は、2008年に市が教育…

関連国・地域: ベトナムマレーシア
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

鴻騰、ベトナム半導体企業に全額出資(18:14)

新競争法、来年7月に施行へ 細則の公開が遅れれば混乱も(10/17)

7~9月の二輪5社販売、2.3%増の86万台(10/17)

現代タインコン「グランドi10」がリコール(10/17)

旧式バイク排除、排ガス規制へ=HCM市(10/17)

HCM市のコンテナ港、CBU輸入過去最高(10/17)

タンソンニャットのT3、ACV事業を提案(10/17)

韓国公社、越都市鉄道事業拡大へ提携を推進(10/17)

住商のハノイ開発、年内にも着工=地元紙(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン