マレーのベルジャヤ、国際大学区案件を売却

マレーシア系ベルジャヤ・ランド・ベトナムがこのほど、ホーチミン市で計画していたベトナム国際大学区(VIUT)案件の97.7%を、地場不動産グループに11兆7,480億ドン(5億1,600万米ドル、約552億円)で売却した。12日付VNエクスプレスが報じた。 案件は、2008年に市が教育…

関連国・地域: ベトナムマレーシア
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

EC訪問数、地場3社が健闘 東南アジア上位10位にランクイン(01/17)

18年の訪日ベトナム人、39万人で記録更新(01/17)

18年の完成車輸入、16%減の8.2万台(01/17)

ビンファスト、20年に高級ライン7車種発売(01/17)

ダナン、鉄道建設でシンガポールに支援要請(01/17)

HCMメトロ、20年の完成目指し建設急ぐ(01/17)

ビナラインズ、18年は利益3650億ドン(01/17)

儒鴻、2Qにも苗栗でプリント工場を稼働(01/17)

韓国リホボス、ハノイにレンタルオフィス(01/17)

韓国CBA、HCM市に共有オフィス開設(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン