マレーのベルジャヤ、国際大学区案件を売却

マレーシア系ベルジャヤ・ランド・ベトナムがこのほど、ホーチミン市で計画していたベトナム国際大学区(VIUT)案件の97.7%を、地場不動産グループに11兆7,480億ドン(5億1,600万米ドル、約552億円)で売却した。12日付VNエクスプレスが報じた。 案件は、2008年に市が教育…

関連国・地域: ベトナムマレーシア
関連業種: 建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

ロッテマート、20年に85店へ 300坪の小型店中心に出店を加速(08/21)

ロシアのGAZ、ダナンでトラック製造へ(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

民間航空局、運賃引き上げ申請を却下(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

貨物鉄道の民間開放、運輸省が首相に提案へ(08/21)

【訃報】直野徳氏(元住友商事副社長)(08/21)

HCM市、韓国SMにスマート都市開発提案(08/21)

シャープ、南部で大型工場を検討=地元紙(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン