ソウルで初のEV見本市 約20車種が出展、本格普及へ

韓国環境省は12日から4日間、ソウル・江南の国際展示場COEXで、世界の電気自動車(EV)を集めた「EVトレンドコリア2018」を開催した。ソウルでの大規模なEV見本市は今回が初めて。韓国の現代自動車をはじめ独BMWや米テスラなどが、約20車種をお披露目した。自動車の…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソウルの商圏は1カ所に…(04/25)

韓国通商幹部、スーチー氏・商業相と会談(04/25)

パワハラ騒動、揺れる韓進 財閥の実態浮き彫り(04/25)

開城工団の操業再開を提案か、首脳会談で(04/25)

3月新規車両登録は24%減、乗用車が悪化(04/25)

ペトロナスLNG、韓国Sオイルに供給開始(04/25)

ヤンゴン新都市開発、中韓などが関心(04/25)

米エリオット、現代自の改編案に異議(04/25)

車の安全旋回部品、現代モービスが開発(04/25)

BMWとポルシェ、排ガス不正で法廷行き(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン