金利上昇で住宅市場に懸念 影響軽微の見方も

香港金融管理局(HKMA)による香港ドル買い・米ドル売りの為替介入が、香港の住宅市場に影響を与えようとしている。香港銀行間取引金利(HIBOR)が上昇しているためで、住宅ローンの金利と密接に関係するだけに、住宅の販売に悪影響を及ぼすとの懸念だ。ただ市場は既に金…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融・保険建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

【予定】18日 TPP首席交渉官会合ほか(07/18)

貿易戦で輸出3.5%が打撃 受注流出にも懸念の声(07/18)

【人事】共立印刷社長に佐藤尚哉氏ほか(07/18)

米中貿易摩擦で貸出鈍化、DBS香港(07/18)

【訃報】三好孝彦氏(元日本製紙社長)(07/18)

貿易金融プラットフォーム、8月に運用開始(07/18)

歌礼が来月上場、バイオベンチャー第1号(07/18)

香港物流大手がインドに進出、3都市に倉庫(07/18)

反落、石油・消費銘柄が軟調=香港株式(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン