上海電気、世界最大規模の太陽発電事業受注

中国電機大手の上海電気集団はこのほど、アラブ首長国連邦(UAE)ドバイで建設が予定されている世界最大級の太陽エネルギー発電施設建設事業を受注した。同事業の投資総額は36億6,000万米ドル(4,140億円)という。14日付解放日報が伝えた。 同事業は、このプロジェクトはドバ…

関連国・地域: 中国-上海中東
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

現代自1Q営業益46%減、米国と中国で不振(12:22)

【パキスタン】乗用車は日系の牙城 第3回 新規参入に販売網の壁(04/27)

店舗賃料、今年7%上昇へ GS予測、小売市場好調で(04/27)

航続500キロ超のEVも登場 モーターショー、地場系が技術誇示(04/27)

相次ぐ中国の高官来訪、影響力拡大を視野(04/27)

減税7措置を実施、600億元超の負担軽減に(04/27)

米国が技術投資の規制を検討、商務省が注視(04/27)

国有企業の純利益、1~3月は16.7%増(04/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン