安川電機が純利益倍増、18年2月期は受注好調で

【共同】安川電機が12日発表した2018年2月期連結決算は、売上高が4,485億円、純利益は397億円だった。決算期を3月から変更したため単純比較はできないが、変更の影響を考慮して比較すると、売上高は前期比2割弱の増加、純利益は約2倍になり、いずれも過去最高の水準となる。 …

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機


その他記事

すべての文頭を開く

スズキ、販売好調で新モデル 成長市場で投資継続(10/16)

トヨタが環境車の専門組織、本格生産へ体制整備(10/16)

デンソーがソフト会社出資、制御技術を強化(10/16)

年内にダナモン子会社化実現 三菱UFJ銀の三毛頭取が会見(10/16)

居酒屋てっぺん、商業施設でFC1号店開業(10/16)

労使交渉の方法変更も、トヨタ労組が定期大会(10/16)

製薬協、タイと台湾の機関とコンソーシアム(10/16)

ヤフーIDの信用を数値化、購買データなど分析(10/16)

日系企業の不動産事業が活発=コリアーズ(10/16)

アジャイル、台湾に初の海外法人(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン