来年1月から出国時に1千円、27年ぶり新税

【共同】日本人か外国人かを問わず日本からの出国時に1人1,000円を課す「国際観光旅客税法」が11日の参院本会議で可決、成立した。2019年1月7日から導入する。恒久的に徴収する国税の新設は1992年の地価税以来、27年ぶりとなる。 政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる20年…

関連国・地域: 日本
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

QLD石炭、ブリスベン日本総領事も懸念(17:56)

テイクオフ:野生のワニを見るべく、…(05/28)

【書籍ランキング】5月10日~5月16日(05/28)

日系現法、東南ア収益1割増 タイ・ネシアの二輪四輪がけん引(05/28)

日本企業、台湾人材の採用強化 語学・理系に注目、パソナJOB博(05/28)

激戦EC市場に参入相次ぐ 日系が新事業を始動、撤退事例も(05/28)

アイシンが比MT生産増強へ TAP子会社化、AT部品生産も(05/28)

対日投資残高、伸び率1%に鈍化(05/28)

南部2州、進む投資環境整備 自動車中心に需要底堅く(05/28)

ホンダ、二輪車の生産能力10%増強へ(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン