深海に希土類1千万トン超、世界消費の数百年分

【共同】海洋研究開発機構や東京大のチームは10日、太平洋の南鳥島沖の深海底で見つかったレアアース(希土類)を含む泥の濃度を調査した結果、2,500平方キロの範囲で埋蔵量が1,600万トンを超すとの推計を発表した。 周辺は日本の排他的経済水域(EEZ)内で、世界で消費される…

関連国・地域: 日本
関連業種: 鉄鋼・金属


その他記事

すべての文頭を開く

トヨタに賠償命令267億円、シートに問題(08/21)

東京都心の水族館をPR 横浜八景島、海外で観光客誘致(08/21)

りたりこ、韓国の補聴器メーカーに出資(08/21)

「自主開発」実は米社技術、中国IT企業が謝罪(08/21)

【この人に聞く】NECが金融専門部門を設置 高まる新技術の需要に迅速に対応(08/21)

【予定】21日 河野外相が米ハワイなど訪問ほか(08/21)

トピー工業合弁、西部でホイールの生産開始(08/21)

【人事】物語コーポレーション取締役に岡田雅道氏ほか(08/21)

韓国トヨタ、全南・順天に新ショールーム(08/21)

南部にレーシングコース、財閥企業が整備へ(08/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン