「タイヤ」販売網、高付加価値品拡充が課題に

【共同】【JCRの眼】日系の主要タイヤメーカーは世界生産の3割近くを占め、ブリヂストンの約8割を筆頭に、海外売上比率が高いのが特徴だ。当面の需要見通しや経営課題について、日本格付研究所(JCR)の窪田幹也チーフ・アナリストと上村暁生チーフ・アナリストに語っても…

関連国・地域: 日本
関連業種: 製造一般


その他記事

すべての文頭を開く

済州航空、11月に関空第2Tに移転(18:22)

テイクオフ:シンガポール東部のゲイ…(06/19)

海外販促支援は廃止、農水省の事業レビュー(06/19)

タクシー2社が生き残り策 業績悪化続くもデジタル投資拡大(06/19)

スシローが台湾に1号店開業 海外2カ所目、将来は100店舗目標(06/19)

5月二輪販売は13.6万台 過去最高、小型車は大台突破(06/19)

カナダ産小麦の輸入停止、遺伝子組み換え発見(06/19)

インドでボンカレー発売 10月から、大塚食品が現法設立(06/19)

タイヤマハ、ゴルフカートの生産・販売拡大(06/19)

熊本企業、個人間電力小売りで地場社と提携(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン