外国人材に新たな在留資格、最長10年で政府検討

【共同】政府は11日、外国人労働者の受け入れ拡大に向け、新たな在留資格を創設する方向で検討に入った。最長5年間の技能実習制度の修了者で一定の要件をクリアした人に限り、さらに最長5年間国内での就労を認める考えで、計10年間働けることになる。深刻化する人手不足に対応す…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(14:24)

地場中堅VINE、大阪のホテル運営権取得(14:51)

スズキ、販売好調で新モデル 成長市場で投資継続(10/16)

トヨタが環境車の専門組織、本格生産へ体制整備(10/16)

デンソーがソフト会社出資、制御技術を強化(10/16)

年内にダナモン子会社化実現 三菱UFJ銀の三毛頭取が会見(10/16)

居酒屋てっぺん、商業施設でFC1号店開業(10/16)

労使交渉の方法変更も、トヨタ労組が定期大会(10/16)

製薬協、タイと台湾の機関とコンソーシアム(10/16)

ヤフーIDの信用を数値化、購買データなど分析(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン