外国人材に新たな在留資格、最長10年で政府検討

【共同】政府は11日、外国人労働者の受け入れ拡大に向け、新たな在留資格を創設する方向で検討に入った。最長5年間の技能実習制度の修了者で一定の要件をクリアした人に限り、さらに最長5年間国内での就労を認める考えで、計10年間働けることになる。深刻化する人手不足に対応す…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/18)

三菱電機、18年度8%増収へ 省エネエアコン強化で首位固め(01/18)

戦略的な産業に優遇付与 貿易産業省などが東京で講演(01/18)

テイクオフ:「今晩はどちらにお泊り…(01/18)

駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷(01/18)

テイクオフ:日本を訪れた中国人旅行…(01/18)

物流ギオン、海外初拠点を開設(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

トランスコスモス、スマランに初の拠点開設(01/18)

DHC、ベトナム企業と代理店販売契約(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン