《日系進出》出光興産、成都に有機EL材料工場

出光興産は12日、四川省成都市に有機EL材料事業の現地法人を設立し、工場を建設すると発表した。中国での需要拡大に備え、供給体制と技術支援を強化する狙いだ。

現法の名称は出光電子材料(中国)で、同市の成都高新技術産業開発区内に、6月中に設立する予定。資本金の8,000万元(約13億6,000万円)は出光興産が全額出資する。有機EL材料の生産、顧客への技術支援のほか、有機ELの性能評価を行う。

工場は今年中に着工し、2019年の完工、20年の商業生産開始を目指す。同工場は日本の静岡県、韓国に次ぐ、同社3カ所目の生産拠点となる。

出光興産によると、中国では現在、政府がディスプレー産業の発展を支援していることを追い風に、有機ELディスプレー製造工場に対する投資が活発化している。同社は昨年、上海市に出光電子材料(上海)を設立したが、この現地法人の主要事業は現地での情報収集や顧客対応で、有機EL材料の販売、供給は日本から行っていた。中国顧客への技術支援強化と、供給体制の整備のため、中国ディスプレー産業の中心地となっている成都市に製造現地法人の設立を決めた。


関連国・地域: 中国-四川日本
関連業種: IT・通信化学・石化製造一般金融・保険建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

進む中国傾斜、債務膨張 返済維持も高まる「発言力」(06/20)

テイクオフ:中国では連日、W杯の盛…(06/20)

東芝、家電市場でトップ3へ 新商品投入を強化、生産拡張も(06/20)

米中貿易戦争、韓国に波紋 中間財の輸出が減少(06/20)

華僑銀、大湾区での利益を5年で2倍へ(06/20)

米、中国製品22兆円に10%関税 貿易摩擦、報復合戦に(06/20)

個人所得税法の改正案、基礎控除額5千元に(06/20)

中国成都八益、首都郊外に大型家具卸売市場(06/20)

大湾区の1人当たりGDP、東京超えも(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン