EPF、外国保険会社の保有株式取得に意欲

マレーシアの公的年金に当たる従業員積立基金(EPF)は、外国企業が保有する国内保険会社の株式を買い取る方針だ。マレーシア政府は外国の保険会社に対し、6月末までに現地法人への出資比率を70%以下に引き下げるよう要請しており、EPFの方針はこれに同調した動きとなる。12日付スターが報じた。

マレーシア政府は保険分野への外資出資規制を強化し、国内企業の出資比率を最低30%にするとしている。EPFのシャフリル・リザ・リズアン最高経営責任者(CEO)によると、近く1~2社を対象に株式取得か買収に動くという。また、「複数の、出資比率を引き下げる必要がある外国企業と規制を順守した形で協議していく」と語った。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計金融・保険

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

円借款、邦銀も供与に前向き 災害対策や高齢化問題でも支援(06/20)

RM=27.4円、$=4.00RM(19日)(06/20)

製造業連盟、電気料金据え置きを要求(06/20)

CMSB、サラワクの道路保守契約1年延長(06/20)

サイエンティレンス、来年にもACE上場へ(06/20)

フードパンダ、17年の注文件数が2倍に(06/20)

動画配信アイフリックス、利用者が急増(06/20)

タックスホリデー効果、売り上げ2割増も(06/20)

新興ECのシティソーシャル、海外事業拡大へ(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン