• 印刷する

EPF、外国保険会社の保有株式取得に意欲

マレーシアの公的年金に当たる従業員積立基金(EPF)は、外国企業が保有する国内保険会社の株式を買い取る方針だ。マレーシア政府は外国の保険会社に対し、6月末までに現地法人への出資比率を70%以下に引き下げるよう要請しており、EPFの方針はこれに同調した動きとなる。12日付スターが報じた。

マレーシア政府は保険分野への外資出資規制を強化し、国内企業の出資比率を最低30%にするとしている。EPFのシャフリル・リザ・リズアン最高経営責任者(CEO)によると、近く1~2社を対象に株式取得か買収に動くという。また、「複数の、出資比率を引き下げる必要がある外国企業と規制を順守した形で協議していく」と語った。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

KDDI、統合マネージドソリュの提供開始(01/21)

通信塔建設で外国3社と覚書、ICT省(01/21)

エアアジア、ロンボクを拠点空港に設定(01/21)

イケア、ハノイで4.5億ユーロの投資計画(01/21)

タイ・マレー国境の24時間開放、4月に試験(01/21)

吉利集団、中国でロータス車生産へ(01/21)

新車販売、12月は11.9%減 GST撤廃後の消費一服感続く(01/18)

RM=26.4円、$=4.11RM(17日)(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン