• 印刷する

1~3月の完成車輸入、84%減の4200台

ベトナム税関総局がこのほど発表した2018年第1四半期(1~3月)の完成車(CBU)輸入台数(速報値)は、前年同期比84%減の4,217台だった。1月に施行されたCBUの輸入を制限する政令116号(116/2017/ND―CP)の影響を受けた。

内訳は、座席数が9席以下の車両が3,104台、10席以上の車両が67台、トラックが839台だった。輸入額は、75.8%減の1億1,840万米ドル(約126億5,700万円)。

輸入元では、タイが前年同期の1万48台から3,470台、インドネシアが4,409台から3台に激減した。日本も1,049台から56台に激減。インドは4,798台からゼロとなった。

3月単月の輸入台数は、前年同月比67.0%減の3,676台だった。ベトナム運輸省が、タイとインドネシアの政府が輸出車に対して発行する車両品質証明書(VTA)の受け入れを決めたことで、政令116号の条件が満たされ、タイからの輸入が回復した。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

メトロパシ、インドネ高速道に22.5億円投資(19:15)

若年の失業率、7%に近づく 大卒の就職難続き強まる海外志向(10/23)

19年成長目標は6.6~6.8%=首相(10/23)

1~9月の交通事故1.3万件、死者6千人超(10/23)

韓国企業がビメコと提携、スマート都市で(10/23)

ニントゥアン省、風力発電所4カ所完工へ(10/23)

米カーギル、12カ所目の家畜飼料工場が完成(10/23)

韓国CJ、7万トン規模の飼料工場完成(10/23)

食塩に栄養添加の政令9号、緩和へ動き(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン