テイクオフ:総選挙が来月9日に決ま…

総選挙が来月9日に決まり、投票のためのUターンラッシュが予想されている。選挙日程の公表直後から鉄道や長距離バス、飛行機などのチケットは軒並み高騰した。

今回の総選挙は浮動票を若い世代が握るといわれる。投票日が平日となったことで投票率の低下が懸念されているが、意外な誘惑が重なることに。米人気歌手ブルーノ・マーズのコンサートが同日にクアラルンプールで予定されていたのだ。

職場の若手社員が慌てて帰省チケットの手配に動く様子に政治への積極姿勢は学ぶところがある。一方で、米スターのチケットも完売済みで「投票帰省」をためらうファンもいる。

ブルーノは最も安い席で約400リンギ(約1万1,000円)。報道では若者の「投票は国民の責任」「ひと目会いたい」と二分する意見が紹介されていた。「念願のブルーノ様」に1票、の気持ちも痛いほどわかる。(丑)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 経済一般・統計観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:こんなにも目まぐるしく…(06/19)

高速鉄道よりもマレー鉄道活用を 政府、改修案を前向き検討か(06/19)

RM=27.6円、$=3.99RM(18日)(06/19)

為替相場、一時年初来の1ドル=4リンギ台(06/19)

プロトン成長の鍵はEV開発、経済学者提言(06/19)

UEMサンライズ、RTO方式の物件拡大へ(06/19)

神栄、7月に貨物の落下試験機の製造開始(06/19)

アリババがKL事務所を開設=東南アジア初(06/19)

地場電子決済社、アジア展開で生体認証を強化(06/19)

米などのエタノールアミン、AD仮裁定(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン