川重の水素事業、豪で正式開始 日豪、4年間で約5億$規模

川崎重工業が主導する、オーストラリア・ビクトリア(VIC)州ラトローブバレー(Latrobe Valley)産の褐炭から水素を抽出して日本へ輸出するパイロットプロジェクトが12日、正式に始まった。サプライチェーン構築を目指し4年間で日豪合わせて4億9,600万豪ドル(約412億円)規…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

独企業、QLDで廃棄物利用の発電所を提案(15:21)

香港不動産ESR、プロパティリンク買収か(15:21)

サンコープ、利益優先で証券委の警告無視(15:21)

SIAカーゴ、医薬品向け輸送サービス提供(09/21)

テイクオフ:オーストラリアの4大銀…(09/21)

4フィンガーズ、豪社の株式50%取得(09/21)

日系人材ウィル、豪同業QAを買収(09/21)

石炭火電の改修と新設の支援、エネ相が検討(09/21)

豪石炭事業に影響も、丸紅の石炭火電撤退で(09/21)

LNG輸出、原油価格高と豪ドル安が追い風(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン