川重の水素事業、豪で正式開始 日豪、4年間で約5億$規模

川崎重工業が主導する、オーストラリア・ビクトリア(VIC)州ラトローブバレー(Latrobe Valley)産の褐炭から水素を抽出して日本へ輸出するパイロットプロジェクトが12日、正式に始まった。サプライチェーン構築を目指し4年間で日豪合わせて4億9,600万豪ドル(約412億円)規…

関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 運輸天然資源マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅の台所から大きな物…(12/17)

大企業34%、法人税支払いなし 全法人税徴税額も18億$足りず(12/17)

豪の税収、世界的に低水準も法人税に依存(12/17)

〔政治スポットライト〕首相、エルサレム首都認定も大使館は別(12/17)

INPEX、イクシスLNG権益66%に増加(12/17)

エクソンとBHP、バス海峡でガス田開発へ(12/17)

アイロム、SA州で治療施設支援事業を開始(12/17)

〔政治スポットライト〕労働党、住宅問題対処で66億$拠出公約(12/17)

北部パイプライン、ガス価格抑制に貢献か(12/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン