首都空港の旅客者数、17年はシンガポール超

国際空港評議会(ACI)がこのほど発表した2017年の空港別搭乗者数ランキング(速報値)で、インドネシアのスカルノ・ハッタ国際空港は6,302万人で17位だった。前年の19位から上昇し、シンガポールのチャンギ空港を上回った。

スカルノ・ハッタ空港の利用者数は前年比で8%増加、上位20空港平均の5%増を超えた。伸び率はインドの首都ニューデリーのインディラ・ガンジー国際空港(IGIA)が14%増で首位、これに中国の広州白雲国際空港(広州空港)が10%で続いた。

空港別の貨物取扱量ランキングでは、上位20空港の合計取扱量が7%増の5,062万トンだった。ACIは、貿易戦争や保護貿易への懸念など不安要素があったものの、電子商取引(EC)の台頭などが航空貨物の取扱量増加につながったと指摘した。貨物取扱量でスカルノ・ハッタ空港はランク外だった。


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(05/25)

プルタミナ、製油所拡張は25年に完了(05/25)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン