統一賃金法案、国会提出前の協議終了

カンボジア政府と労使代表は10日、全業種を対象とした法定最低賃金法案(6章33条)の草案に関する再協議を実施した。国会提出前に最終的な三者協議を要請していた米国務省の意向に沿ったもので、関係各者は総じて同法案の内容を支持している。クメール・タイムズ(電子版)が11日…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

40経済団体、EU制裁手続きに「深い懸念」(15:01)

広州粤泰が物件販売強化 6億ドル収入目標、新規開発も(01/22)

輸出手続きの簡素化、政府は6千万ドル減収(01/22)

ワールドブリッジ、貴重品輸送で米社と提携(01/22)

18年の税収、13.4%増の約22億ドル(01/22)

地場アモリー、首都北部で連棟型住宅を開発(01/22)

郵政省、中小企業支援で業界の課題など調査(01/22)

不動産詐欺、登記や開発案件の有無に注意を(01/22)

カンボジアなどに20年で17校寄贈、自民有志(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン