• 印刷する

サムスン物産カナダ発電事業完工、10年越し

韓国の大手建設・商社のサムスン物産は10日、2008年から進めてきたカナダ・オンタリオ州の発電事業が完工したと発表した。総事業費は50億米ドル(約5,350億円)に上る。

内訳は、発電量1,069メガワット時(MWh)の風力発電所と、同300MWhの太陽光発電所を計10カ所設置した。一般家庭で40万世帯分に相当する。10年間で3段階に分けて行われたプロジェクトで、発電所はこのほど全面稼働に入った。

サムスン物産は、EPC(設計・調達・建設)事業や管理・運営などプロジェクトの全般を統括した。サムスン物産は今後20年間、生産した電力をオンタリオ州の独立系統運用機関IESOに供給する。

オンタリオ州に設置した風力発電(サムスン物産提供)

オンタリオ州に設置した風力発電(サムスン物産提供)


関連国・地域: 韓国カナダ
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

サムスンが初の新薬臨床、武田薬品と協力(15:06)

韓国系半導体SFA、生産品目シフトで減益(15:01)

サムスンD、曲がる有機ELパネル工場稼働へ(14:59)

BMWリコール対象、未点検なら運転停止(16:51)

現代グロービス、シベリア横断定期貨物輸送(16:53)

7月新規車両登録は29%減 乗用車と商用車がともに不振(08/15)

【予定】15日 全国戦没者追悼式ほか(08/15)

韓企業、インフルエンサー利用サービス開始(08/15)

新韓銀行、サムスンペイ・プリペイドを開始(08/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン