• 印刷する

サムスン物産カナダ発電事業完工、10年越し

韓国の大手建設・商社のサムスン物産は10日、2008年から進めてきたカナダ・オンタリオ州の発電事業が完工したと発表した。総事業費は50億米ドル(約5,350億円)に上る。

内訳は、発電量1,069メガワット時(MWh)の風力発電所と、同300MWhの太陽光発電所を計10カ所設置した。一般家庭で40万世帯分に相当する。10年間で3段階に分けて行われたプロジェクトで、発電所はこのほど全面稼働に入った。

サムスン物産は、EPC(設計・調達・建設)事業や管理・運営などプロジェクトの全般を統括した。サムスン物産は今後20年間、生産した電力をオンタリオ州の独立系統運用機関IESOに供給する。

オンタリオ州に設置した風力発電(サムスン物産提供)

オンタリオ州に設置した風力発電(サムスン物産提供)


関連国・地域: 韓国カナダ
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

EC大手クーパン、簡易決済事業を分社化(20:36)

SK、地場同業のファウンドリー事業買収(19:20)

3月の余剰電力、相次ぐ操業停止で最高に(20:37)

つながる車で新技術、双竜自やLGU+協力(17:40)

テイクオフ:大学の卒業論文で、日本…(04/01)

【コロナアンケート】新型コロナで「生産減」56% サプライチェーンの影響も6割超(04/01)

新型コロナで相次ぐ納品遅延 損失1800億円、半導体にも打撃(04/01)

米英中韓など渡航中止勧告、外務省49カ国・地域(04/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン