• 印刷する

サムスン物産カナダ発電事業完工、10年越し

韓国の大手建設・商社のサムスン物産は10日、2008年から進めてきたカナダ・オンタリオ州の発電事業が完工したと発表した。総事業費は50億米ドル(約5,350億円)に上る。

内訳は、発電量1,069メガワット時(MWh)の風力発電所と、同300MWhの太陽光発電所を計10カ所設置した。一般家庭で40万世帯分に相当する。10年間で3段階に分けて行われたプロジェクトで、発電所はこのほど全面稼働に入った。

サムスン物産は、EPC(設計・調達・建設)事業や管理・運営などプロジェクトの全般を統括した。サムスン物産は今後20年間、生産した電力をオンタリオ州の独立系統運用機関IESOに供給する。

オンタリオ州に設置した風力発電(サムスン物産提供)

オンタリオ州に設置した風力発電(サムスン物産提供)


関連国・地域: 韓国カナダ
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

北部の鉄道改修で韓国融資 ミッチーナまでの難所2区間(03/26)

テイクオフ:平日昼間にソウルの地下…(03/26)

小田急がソウルに直営ホテル 20年5月開業、観光需要取り込む(03/26)

現代自、FCVの増産計画を1年前倒し(03/26)

現代自、小型SUVべニューを印で初生産か(03/26)

LPG車が乗用車登録が可能に、PM2.5対策(03/26)

ベトナム航空、韓国路線に最新機導入へ(03/26)

ルノーサムスン、クロスオーバー車投入へ(03/26)

ネイバー動画サービス強化、MCNと提携か(03/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン