• 印刷する

サムスン物産カナダ発電事業完工、10年越し

韓国の大手建設・商社のサムスン物産は10日、2008年から進めてきたカナダ・オンタリオ州の発電事業が完工したと発表した。総事業費は50億米ドル(約5,350億円)に上る。

内訳は、発電量1,069メガワット時(MWh)の風力発電所と、同300MWhの太陽光発電所を計10カ所設置した。一般家庭で40万世帯分に相当する。10年間で3段階に分けて行われたプロジェクトで、発電所はこのほど全面稼働に入った。

サムスン物産は、EPC(設計・調達・建設)事業や管理・運営などプロジェクトの全般を統括した。サムスン物産は今後20年間、生産した電力をオンタリオ州の独立系統運用機関IESOに供給する。

オンタリオ州に設置した風力発電(サムスン物産提供)

オンタリオ州に設置した風力発電(サムスン物産提供)


関連国・地域: 韓国カナダ
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ感染者、44人増の1万3417人(14:59)

韓国・カンボジア、FTA交渉開始(09:21)

ソウル市長が自殺、遺書も公開(18:39)

韓国が部品素材の国産化加速 供給網再編、388品目の育成支援(07/10)

新型コロナ感染者、50人増の1万3293人(07/10)

韓国のNH農協銀、ヤンゴンに駐在員事務所(07/10)

セルトリオンの治療薬、変種コロナにも有効(07/10)

韓国の輸出管理体制に懸念、日本が反論(07/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン