テイクオフ:マレーシアの総選挙が来…

マレーシアの総選挙が来月9日の水曜日に実施される。平日の投開票実施は1999年以来初という。

シンガポール、タイ南部、インドネシア・カリマンタン島に居住するマレーシア人は、在外投票が認められず帰国して票を投じる必要がある。若者や都市部の居住者は野党支持が多いといわれる中、「投票日を平日にしたのは(マレーシア政府が)海外居住者の投票を意図的に妨げるためではないか」との声も聞かれる。だがマレーシア出身の夫は、「与党連合・国民戦線(BN)に反対する姿勢を示すためにも帰国して選挙に行く」と息巻いている。投開票日の発表後、マレーシア行きのバスのチケットは数時間で売り切れとなり、会員制交流サイト(SNS)上では帰省で相乗りさせてくれる車を探す人が急増している。

当地には40万人以上のマレーシア人が住む。来月9日前後は平日でも「民族大移動」が起きそうだ。(雪)


関連国・地域: タイマレーシアシンガポールインドネシア
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:世界最大級の開閉式ドー…(04/26)

日本製食品機械の魅力をPR 日食工、FHAにパビリオン開設(04/26)

海事庁、産業展示会で7つの契約・覚書締結(04/26)

コンフォート、ゴジェックと提携交渉か(04/26)

ヌーラボ、コミュニティースペース開設(04/26)

シングテルなど3社、W杯放映権を共同で獲得(04/26)

企業庁、ジャーマンアクセラレーターと提携(04/26)

国内2社、貿易プラットフォーム構築で提携(04/26)

CFA協会、議決権種類株上場に難色(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン