小売協会、ラマダン期の売上高3割増を目標

インドネシア小売業者協会(Aprindo)は、5~6月のイスラム教断食月(ラマダン)から断食明け大祭(レバラン)の期間中、小売業界の売上高目標を前年同期比3割増の39兆ルピア(約3,048億1,800万円)に設定した。11日付インベストール・デイリーが伝えた。 Aprind…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:道路脇で、警官に交通違…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

大統領、バリ島でASEAN首脳会議に出席(10/16)

年内にダナモン子会社化実現 三菱UFJ銀の三毛頭取が会見(10/16)

今年の二輪車販売台数は7%増、協会予想(10/16)

日系企業の不動産事業が活発=コリアーズ(10/16)

首都の新交通取り締まりシステム、11月導入(10/16)

日イ通貨スワップ協定が発効、227.6億ドル(10/16)

為替参照1万5246ルピア、株価は反落(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン