ラザダとレイザー、ゲームストアを展開

東南アジアで電子商取引(EC)事業を展開するシンガポールのラザダ・グループは11日、ゲーム機の周辺機器製造を手掛ける米レイザー(Razer)と組み、自社のウェブサイト上で「レイザーゲームストア」を展開すると発表した。

同ストアでは数百種類ものゲームソフトを、各国の物価水準に合わせた魅力的な価格で提供する。これには「ファークライ5」など新作のほか、「グランド・セフト・オート5」「アサシン・クリード・オリジンズ」「ゴーストリコン・ワイルドランズ」といった人気の定番商品も含まれる。ゲームソフトは「スティーム(Steam)」「ユープレイ(Uplay)」などゲームのダウンロード販売プラットフォームを通じて提供する。

まずはシンガポールで導入し、6月までにマレーシアとタイでも展開を開始する。その後、インドネシア、フィリピンにも広げていく考えだ。

対象となるコンピューターゲームのソフトを一つのプラットフォームで入手できるのは、東南アジアでレイザーゲームストアが初という。

ラザダは中国のEC最大手アリババグループの傘下にあり、シンガポールとタイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナムの6カ国で事業展開している。一方のレイザーはシンガポール人のタン・ミンリャン氏が創業し、現在は米サンフランシスコに本拠を置く。


関連国・地域: タイマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン米国
関連業種: IT・通信製造一般商業・サービス観光・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:サッカーのワールドカッ…(06/21)

18年の予測昇給率は3.3% JCCI説明会、雇用法改正も解説(06/21)

車両購入権価格、商用車除き値下がり(06/21)

訪日シンガポール人、5月は15%増加(06/21)

シンガにマンゴー輸出停止、商標権侵害で(06/21)

中小企業の景況感堅調、貿易摩擦など懸念も(06/21)

ペイナウ、8月から法人でも利用可能(06/21)

株価6日ぶり反発、UOB銀は0.5%高(06/21)

LCCスクート、ベルリン直行便を就航(06/21)

EC蝦皮が6億ドルの転換社債、台湾投資強化(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン