スラバヤ港拡張でコンテナ処理能力1.5倍に

インドネシアの国営港湾運営プラブハン・インドネシア(ペリンド)3は10日、東ジャワ州スラバヤ・タンジュンペラック港のラモン湾多目的ターミナル(TTL)の第2期拡張工事で、国営建設ニンディヤ・カルヤと協力事業契約を締結した。コンテナヤードの年間取り扱い能力を1.5倍に…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:断食明け大祭(レバラン…(06/26)

【この人に聞く】適切な助言には事業経験必要 トライコー、質の高いコンサルへ(06/26)

カラワン県、セクター別最低賃金を決定(06/26)

27日の統一地方選投票日は全国一斉公休日(06/26)

河野外相、大統領と協力強化を確認(06/26)

離島開発に25億円供与、日インドネシア外相(06/26)

コメの品質表示規定、販売業者らが懸念(06/26)

【予定】26日 小笠原諸島返還50年ほか(06/26)

5月貿易収支、赤字額が先月から縮小(06/26)

【人事】力の源ホールディングス社長に河原成美氏ほか(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン