3月失業率4.5%、17年ぶり高水準

韓国統計庁が11日発表した2018年3月の雇用動向によると、失業率は4.5%と前年同月と比べて0.4ポイント悪化した。同月ベースで17年ぶりの高水準となった。就業率は66.1%と横ばいだった。

失業率の悪化は、日本の国家3種に当たる「9級公務員試験」の試験時期が昨年より遅く、「非労働力人口」から失業者となった受験者が3月の統計に反映されたことが影響したもよう。韓国は、大学卒業後も公務員試験や就職試験の勉強のみに専念して求職活動をしていない人は失業者ではなく、「非労働力人口」に含まれる。

失業者数は12万人減の125万7,000人。年齢別では、15~29歳の若年層が1万8,000人増加した。若年層の失業率は11.6%に上った。

50~59歳は4万7,000人増、60代以上も5万3,000人増だった。大手企業の構造調整や建設業の景気後退が背景にあるとみられる。

就業者数は11万2,000人増の2,655万5,000人だった。「保険業および社会福祉サービス業」(8万8,000人増)や「公共行政・国防および社会保障行政」(5万9,000人増)などが大きく増えた。製造業も1万5,000人増加した。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

電池大手が中国で供給拡大か 補助金対象入りの可能性、現地紙(05/25)

政策金利を据え置き、1.5%で6カ月連続(05/25)

サムスンが3ナノ半導体量産、21年を目標(05/25)

高麗大と企業30社、ブロックチェーンで協力(05/25)

欧R&Dネットワーク、韓国がパートナーに(05/25)

自動運転のバスと貨物車、政府が実証研究へ(05/25)

カガヤン港改修に210億円、投資誘致へ(05/25)

起亜自、「スティンガー」19年モデルを発売(05/25)

人工透析機器の明基透析、年末にも韓国進出(05/25)

自動運転向け地図、SKTが日欧3社と提携(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン