• 印刷する

タイとの二国間輸送協定、8月にも覚書締結

ミャンマー政府は8月にも、タイとの二国間輸送に関する覚書を交わす見通しだ。同覚書は、2015年に合意された大メコン圏(GMS)の輸送協定の一環となる。ミャンマー・タイムズ(電子版)が11日伝えた。

ミャンマー運輸・通信省のアウン・イェ・トゥン事務次官補は「覚書締結に向けて現在、関係省庁と詳細を詰めている段階」とした上で、協定の範囲について「当面、ミャンマー側からの輸送はタイ東北部コンケン県まで、タイ側からは東部モン州モーラミャインまでとする」と説明。東部カイン(旧カレン)州ミャワディのタイ国境で関連施設を建設しているほか、建設省が道路や橋の改修を行っていることを説明した。

国境には、密輸や犯罪行為の監視に当たる共同組織も設けている。輸送協定が実現すれば、貿易だけでなく人の行き来も促進され、周辺国での就業機会が拡大することが期待されている。

ミャンマーは今後、中国、ラオス、ベトナムともそれぞれ同様の覚書を交わす予定で、インドとは現在協議を進めている段階という。


関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 運輸政治

その他記事

すべての文頭を開く

ロヒンギャ解決へ積極関与=ASEAN外相が一致(19:29)

ミャンマー産米に輸入制限 EU、貿易関係に不協和音(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

コンド法の管理委設置、市場活性化に期待(01/18)

外交官に誠実さ求める、スーチー氏が訓示(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

ロヒンギャ問題が焦点、ASEAN外相会議(01/18)

人身売買の7割、中国人男性との強制結婚(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン