• 印刷する

電子決済「アリペイ」、AUBが国内初導入

フィリピンの商業銀行アジア・ユナイテッド・バンク(AUB)はこのほど、中国電子商取引(EC)大手アリババ・グループ(阿里巴巴集団)系の電子決済サービス「アリペイ(支付宝)」を導入したと発表した。急増する中国本土からの旅行者の需要に応えるためで、アリペイの国内導入は初という。11日付インクワイラーなどが伝えた。

AUBと提携する小売り事業者は、携帯アプリ「AUBペイメイト」をダウンロードすれば、対面販売でアリペイによる支払いに応じられるようになる。近く電子商取引でもアリペイを利用できるようにする計画だ。

AUBは、昨年末に騰訊(テンセント)のモバイル決済サービス「微信支付(ウィーチャットペイ)」を国内初導入。中国人旅行者の需要増に応えることで、国内小売り事業者との取引拡大を狙っている。


関連国・地域: 中国フィリピン
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜夜のオフィス、外の…(01/22)

鉄道2案件に1兆円支援へ 南北鉄道延伸、円借款第1弾契約(01/22)

PAL、サングレー空港の開発促進を要望(01/22)

比に日本の革新的技術を、4社が事例紹介(01/22)

ITシステム強化など10項目の改革、関税局(01/22)

21日為替:$1=52.800ペソ(↓)(01/22)

不動産センチュリー、クラーク開発に参画へ(01/22)

年内に砂糖の輸入規制を緩和、予算管理相(01/22)

燃料マーキング制度、2月から導入へ(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン