《安全》年初からのデング熱症例、37%減

2018年の年初から現在までにベトナム国内で確認されたデング熱症例は1万4,079例で、前年同期から37.2%減少した。国営ベトナム通信(VNA)が伝えた。 感染者のうち、3人が死亡。死者の居住地はビンズオン省、ビンフオック省、カマウ省と、南部に集中している。4月2~8日の…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

国営企業の統括組織が発足 民営化進展には懐疑論も(10/18)

PE発泡体の三和化工、開業式(10/18)

韓国現代ウィア、工作機械の越事務所を開設(10/18)

鴻海系鴻騰、ベトナム半導体企業を完全買収(10/18)

EU、越との木材協定は合法貿易促進(10/18)

化学品物流の日陸、現法設立(10/18)

ハイフォン市にインランドデポ開設へ(10/18)

住宅価格は実質価値を反映せず=建設省(10/18)

カントー市でごみ処理発電がスタート(10/18)

アマノ、HCM市に駐在員事務所(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン