《安全》年初からのデング熱症例、37%減

2018年の年初から現在までにベトナム国内で確認されたデング熱症例は1万4,079例で、前年同期から37.2%減少した。国営ベトナム通信(VNA)が伝えた。 感染者のうち、3人が死亡。死者の居住地はビンズオン省、ビンフオック省、カマウ省と、南部に集中している。4月2~8日の…

関連国・地域: ベトナム
関連業種: 医療・薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

不動産融資、銀行が慎重姿勢 高級物件の供給過剰に懸念強まる(05/22)

飲食店の購買管理サイト、日系企業が開発(05/22)

港に滞留のBMW600台、ドイツに再輸出(05/22)

韓国カムシス、ベトナムで超小型EV生産へ(05/22)

グラブのウーバー買収、競争当局が正式調査(05/22)

ダナン市、2カ所にアンダーパス建設案(05/22)

THグループ、小麦胚芽の発酵飲料発売(05/22)

製紙NTPM、5千万リンギで生産増強(05/22)

ビール市場、成長続くも参入は困難(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン