• 印刷する

高島屋ベトナム、営業収益2.4倍に

高島屋が9日、2018年2月期(17年度)の連結決算を発表した。「ホーチミン高島屋」を運営する高島屋ベトナムは、売上高にほぼ相当する営業収益が9,094億ドン(3,990万米ドル、約42億7,000万円)で、前年度から2.4倍に増えた。営業赤字も474億ドン圧縮され586億ドンに改善した。

ホーチミン高島屋は16年7月末に開業したため、通年で営業したのは17年度が初めてとなる。17年度は計画比で営業収益は136億ドン多く、営業赤字は62億ドン少なかった。

ホーチミン高島屋が入居するショッピングセンター「サイゴンセンター」は、高島屋とシンガポール不動産開発大手ケッペル・ランドなどが開発した。高島屋は、「ケッペル・ランドとの協業一体運営により計画以上で推移」と総括した。また将来の拡張も視野に、早期黒字化を目指す。

18年度は、営業収益は7.2%増の9,746億ドン、営業赤字は550億ドンに縮小する計画だ。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

韓中の雑貨店が店舗網拡大 ムムソの偽装表示、政府が調査へ(08/16)

三菱、MPV「エクスパンダー」を輸入販売(08/16)

韓国の車部品オリエント、売上倍増の見込み(08/16)

配車アプリのファストバイク、サービス開始(08/16)

宅配ニンジャバン、新規登録で無料サービス(08/16)

プラごみ滞留は問題なし=ベトナムプラ協会(08/16)

ビナミルク、無償増資で3億株発行(08/16)

月餅商戦が本格化、ファミマも予約開始(08/16)

韓国ポスコ大宇、越企業との穀物取引拡大へ(08/16)

廃棄物処理ベターワールド、越で事業化調査(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン