テイクオフ:マレーシアの第14回総…

マレーシアの第14回総選挙の投開票日が、ようやく5月9日に決定した。マラヤ連邦時代以来となる平日水曜日の実施に、ネット上では賛否両論が噴き上がっている。都市部で働く人や、親元を離れて学ぶ大学生などは、はるばる故郷に帰省しての投票になる人も多いため、平日投票は彼らにとって一大事なのだ。

日本でも一時、投票に行くと飲食店などで優待が受けられる「選挙割」がはやった。当地でもさっそく、選挙で遠隔地に帰省する学生向けに航空券代金をカンパする芸能人や、無料宿泊サービスをうたうホテルが登場している。

「子どものころ、親が厳しくて缶ジュースを買ってもらえなかったから、投票所で候補者がくれるジュースが楽しみだった」とは華人系マレーシア人である家人の弁。それは「選挙割」ではなく、日本なら「公職選挙法違反」に当たりそうだが、さて……(旗)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:10数年前に治療した歯…(05/21)

〔新政権〕投票を通じた「民主化」 ジェトロ・アジア研・中村氏寄稿(05/21)

RM=27.9円、$=3.97RM(18日)(05/21)

リー首相、マハティール新首相と会談(05/21)

ペトロナス小売り部門、1Qは増収減益(05/21)

外資系自動車、GST撤廃で各社が対応発表(05/21)

川崎重工、ジャカルタ新事務所を開所(05/21)

国民車メーカー2社、GST撤廃分を還元(05/21)

高速道路関連株、無料化公約で軒並み下落(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン