上場企業の65%、一帯一路事業拡大を計画

香港と中国本土で上場する企業の65%が、中国の習近平政権が掲げる現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」沿線での事業を向こう3年で増やすと考えていることが、香港、上海、深センの各証券取引所が共同で出資する指数会社、中華交易服務の調査で分かった。10日付香港文匯報な…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港国際空港(チェクラ…(03/27)

専門職の約5割が昇給に期待 ヘイズ調査、3~6%のレンジで(03/27)

イースターは欧州旅行が人気 10連休可能、気候の良さも追い風(03/27)

豪政府、香港とFTA締結 貿易と投資の連携強化へ(03/27)

マカオ、“観光税”で日本とベネチアを調査(03/27)

香港の2月輸出、4カ月連続のマイナス(03/27)

香港と豪州、FTAと投資協定に調印(03/27)

越境での調停案件、今年は250件見込む(03/27)

大湾区・香港が本土経済けん引、投資銀幹部(03/27)

HSBC、7月にMPFスキームを統合へ(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン