中国製線材の制裁関税、下流産業は反発

インドネシア政府が、中国製の線材に反ダンピング(不当廉売)関税の適用を決定したことを受け、線材を原料として使用する下流産業は事業に支障が出ると反発している。10日付ビスニス・インドネシアが伝えた。 政府は、今月3日付で中国からの輸入線材への反ダンピング関税適用に…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 鉄鋼・金属マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

撮影スタジオ完備の教室開設 富士フイルムが世界初、首都に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊、現れる(10/19)

イオンフィナンシャル、配車アプリ四輪融資(10/19)

バンドン高速鉄道、工事進ちょく率は5%(10/19)

スラバヤ準高速鉄道、狭軌や三線軌条で合意(10/19)

TNG、インドネシア同業を買収(10/19)

ホンダ二輪、CBR150Rの新モデルを発表(10/19)

ダイハツ小売り販売、1~9月は7.8%増(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン