• 印刷する

ブックフェア閉幕、ドラマブームで盛況

今月8日にタイで閉幕した書籍見本市「ナショナル・ブックフェア」と「バンコク・インターナショナル・ブックフェア2018」が例年以上に活況を呈したもようだ。12日間に約180万人が来場した。10日付ポストトゥデーが報じた。

タイ書籍印刷・出版協会(PUBAT)によると、両見本市の売上高は5億~6億バーツ(約17億~20億円)となった。雨天の日が多かったにも関わらず、多くの人でにぎわったという。

盛況の要因は国民的なブームになっているテレビドラマ「ブッペーサンニワート」によるもの。ドラマが1600年代の中部アユタヤを舞台にしているためタイの歴史や伝統に対する関心が高まっており、伝記などの関連本が売り上げを伸ばした。ドラマに出てくる古いタイ語教本「ジンダマニー」は1万冊という異例の売り上げを記録したという。

PUBATは、書籍の販路は今年、50%がオンラインになると予測。昨年には既に40%に拡大していた。


関連国・地域: タイ
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:電子書籍の隆盛で、書店…(10/17)

【高齢化の諸相】1人暮らしを「遠隔見守り」 日本のセンサー技術、普及目指す(10/17)

日本産の農産物・食品商談会、新鮮さPR(10/17)

ドイカム、東北第4工場の増強計画を延期(10/17)

グラブ、交通事故防止向け投資倍増へ(10/17)

EVの税制を近くとりまとめ=物品税局長(10/17)

商社ロクスレー、電動トゥクトゥクを発売(10/17)

英トライアンフ、新型車投入で販売3千台へ(10/17)

米フォード、3モデルの販売を一時停止(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン