ブックフェア閉幕、ドラマブームで盛況

今月8日にタイで閉幕した書籍見本市「ナショナル・ブックフェア」と「バンコク・インターナショナル・ブックフェア2018」が例年以上に活況を呈したもようだ。12日間に約180万人が来場した。10日付ポストトゥデーが報じた。

タイ書籍印刷・出版協会(PUBAT)によると、両見本市の売上高は5億~6億バーツ(約17億~20億円)となった。雨天の日が多かったにも関わらず、多くの人でにぎわったという。

盛況の要因は国民的なブームになっているテレビドラマ「ブッペーサンニワート」によるもの。ドラマが1600年代の中部アユタヤを舞台にしているためタイの歴史や伝統に対する関心が高まっており、伝記などの関連本が売り上げを伸ばした。ドラマに出てくる古いタイ語教本「ジンダマニー」は1万冊という異例の売り上げを記録したという。

PUBATは、書籍の販路は今年、50%がオンラインになると予測。昨年には既に40%に拡大していた。


関連国・地域: タイ
関連業種: マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

車部品、1~3月は5%増 市場回復もメーカーで明暗(05/25)

4月の新車販売、25%増の7.9万台(05/25)

4月の新車販売(表)(05/25)

建築展示会が開幕、来場者4500人見込む(05/25)

PTT、EVディーラー事業に関心(05/25)

TOTO、20年にウォシュレット生産へ(05/25)

ヤマト、小口保冷配送で国際規格取得(05/25)

配車オールタイ、VIP用にベンツ100台(05/25)

商業施設CPN、5年で3400億円投資へ(05/25)

BTSアーリー駅周辺、コンドミニアム増加(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン