• 印刷する

凸版と比IMI、合弁でタッチセンサー生産

凸版印刷は、フィリピンの電子機器受託製造サービス(EMS)大手インテグレーテッド・マイクロエレクトロニクス(IMI)の子会社と、銅メッシュタッチセンサーを製造する合弁会社を立ち上げることで合意した。日本(滋賀県東近江市)で生産し、世界的に拡大するタッチセンサー需要を取り込む。

IMIの声明によると、子会社VIAオプトロニクスが、凸版印刷から分社化されるタッチパネル部門に65%出資する形で、新会社VTS―タッチセンサーを設立する。銅メッシュタッチセンサーは、パソコンやタブレット端末、スマートTV・大型サイネージ(電子看板)など幅広い製品のタッチパネル部品として使われている。

凸版印刷の広報担当者は10日、NNAに対し、「VIAオプトロニクスは車載製品、産業機械、ディスプレー加工で世界的に事業展開しており、相乗効果が期待できる」とコメントした。

VIAオプトロニクスは、ドイツと中国に生産拠点を持ち、樹脂素材で液晶モジュールとパネルを貼り合わせる「オプティカルボンディング」に関する特許を保有している。IMIは16年に4,740万ユーロ(約62億円)でVIAを買収した。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 電機金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

大手診療所チェーン、シティーモールに開設(10/19)

クリスマス用食品の推奨価格、7割が上昇(10/19)

PEZAの所得税優遇撤廃 前長官が反対、比の魅力失う(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

北ミンダナオ、最低賃金8%超上昇(10/19)

ジプニー初乗り、11月から10ペソに値上げへ(10/19)

競争委、グラブとウーバーに課徴金命令(10/19)

JNTOがマニラ事務所を開設(10/19)

18日為替:$1=53.965ペソ(↓)(10/19)

アヤラ子会社、新興医療アプリに出資(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン