• 印刷する

ホンダ、四輪・二輪で初の共同ギャラリー

スポーツカーNSXとHPMの渡邉社長(左)=10日、ジャカルタ(NNA撮影)

スポーツカーNSXとHPMの渡邉社長(左)=10日、ジャカルタ(NNA撮影)

ホンダのインドネシア四輪製販法人ホンダ・プロスペクト・モーター(HPM)と二輪アストラ・ホンダ・モーター(AHM)は10日、首都ジャカルタで共同ギャラリーを開所した。両社が共同でギャラリーを設けたのは初めて。6月末までの期間限定で、最新技術を搭載した製品などを展示し、ホンダの開発技術を広める。

南ジャカルタの商業施設「スナヤン・シティー」1階、南出入り口前に設置した。面積は238平方メートル。ホンダのグローバルスローガン「ザ・パワー・オブ・ドリームス」に支えられた最新技術を紹介する。HPMの渡邉丈洋(わたなべ・たけひろ)社長は「ホンダが持つモビリティー分野の最新技術を広く知ってもらう場にしたい」と述べた。

3基のモーターとエンジンを搭載したハイブリッドスポーツカー「NSX」や、公道も走れるロードレース世界選手権(モトGP)対応モデル「RC213V―S」など、ホンダが「究極のスポーツモデル」と銘打つモデルを展示。体重移動で操縦できる電動パーソナルモビリティー「ユニカブ ベータ」実機や、小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」の技術紹介など、四輪車と二輪車に限らずホンダが手掛けるさまざまな最新技術を展示する。

世界で約200台限定生産のRC213V―SとAHMの井沼俊之社長(右)=10日、ジャカルタ(NNA撮影)

世界で約200台限定生産のRC213V―SとAHMの井沼俊之社長(右)=10日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(14:52)

テイクオフ:小欄ではインドネシアに…(01/16)

トヨタとダイハツが新モデル 小型MPV、競争市場に投入へ(01/16)

EVの奢侈税50%軽減へ、大統領令で(01/16)

18年二輪車出荷台数、4年ぶり700万台突破(01/16)

新日鉄住金ソリュ、東南アでAIサービス(01/16)

洗車の王国、インドネシアに1号店(01/16)

18年貿易収支、4年ぶり赤字転落で過去最大(01/16)

外国人就労者数、9万5千人に=労働省(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン