テイクオフ:山に挑むは香港人やタイ…

山に挑むは香港人やタイ人、韓国人、中国人、日本人の計15人から成る混成チーム。台湾人ガイドは日本語も操ると聞いていたが、皆が中国語を解すると知るや、他の言語を話すことはなくなった。

阿里山森林遊楽区を回る日帰りツアーの一コマ。参加者の大半は中国の個人旅行客だった。南京市から来た若者3人組は、言葉が通じる気楽さから、卒業旅行で台湾を選んだという。蘇州市の20代女性は「女性1人でも安全だから」と話し、台湾一周を計画しているとか。上海市出身の女性2人組も「気ままに旅を楽しんでいる」と笑顔を見せる。

中国人訪台ツアー客数の激減が話題になって久しいが、個人で訪台する若い旅行客は、いつも少し違う次元にいる印象だ。自然歩道を歩く中で広がる、ひとときの交流の輪。息切れしたのは体のせいではなく、おしゃべりが過ぎたからだと思いたい。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中華電信、120億元で桃園にハイテクパーク建設(16:56)

テイクオフ:日本企業への就職を希望…(05/28)

日本企業、台湾人材の採用強化 語学・理系に注目、パソナJOB博(05/28)

華新科技総経理、MLCC需要「10年で10倍」(05/28)

研華董事長、IoT注力で好業績予測(05/28)

中鋼の3Q鋼材価格、平均1.9%引き上げ(05/28)

注射剤の康友、インドネシアで登録許可証取得(05/28)

衛福部、看護師の人員配置標準に上限設定へ(05/28)

中裕新薬、HIV治療薬の米国内販売拡大に期待(05/28)

海外航空18社が地名表記修正、民航局要求(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン