1Qの消費者信頼感、大中華圏4地域で最低

香港、マカオ、中国本土、台湾で実施された2018年第1四半期(1~3月)の消費者信頼感指数(CCI)調査によると、香港のCCIは全体指数が86.8となり、2四半期連続で悲観が4地域中最も強かった。中でも「住宅購入」の項目が足を引っ張った。住宅価格の高騰が背景にある。ス…

関連国・地域: 中国香港マカオ台湾
関連業種: 経済一般・統計建設・不動産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

横琴新区とアリババ、街のスマート化で協力(14:06)

テイクオフ:自宅付近を散歩中、高齢…(05/21)

オフショア元の流動性改善へ 人民銀が新措置、市場で期待の声(05/21)

相次ぐHKMA介入、プライムレート上昇か(05/21)

本土にLME倉庫、李CEOが方針表明(05/21)

反発、資源銘柄に買いが集中=香港株式(05/21)

大湾区の新たな指数を公表、恒生指数公司(05/21)

MPF口座の1割超、DISに投資(05/21)

中国企業の海外不動産投資、1Qは27%減(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン