テマセクなど、中国センスタイムに出資

シンガポールの政府系投資会社テマセク・ホールディングスと、中国の家電量販大手、蘇寧易購集団は、人工知能(AI)を用いた画像認識技術で世界的大手の中国企業、商湯科技(センスタイム)グループに出資した。 テマセクと蘇寧易購は、中国の電子商取引(EC)大手アリババグ…

関連国・地域: 中国シンガポール
関連業種: 経済一般・統計IT・通信金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィギュアスケーターと…(04/25)

鉱業省など3省、石油法制定へ再協議(04/25)

Dr.ストレッチ、出店加速へ 9月までは土台作りに集中も(04/25)

ベテラン閣僚3人が退任、世代交代が本格化(04/25)

香港ドル、今後1カ月は下限届かず=DBS(04/25)

3月新規車両登録は24%減、乗用車が悪化(04/25)

美容家電ヤーマン、現地で販売開始(04/25)

日曜の終日試験開始、東西線の新信号システム(04/25)

SIA、米社と新興企業支援で提携(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン