化成肥料ヤラ、地方農村でのセミナー展開

ノルウェーの化成肥料大手ヤラ・インターナショナルは、ミャンマー各地で農家を対象にしたセミナーを展開していく。北東部シャン州では、今月3日のアウンバンを皮切りに、ニャウンシュエとナウンタヤで実施。北中部マンダレー管区、北西部ザガイン管区モンユワなどでも開催を予定する。

9日付ミャンマー・ビジネス・トゥデー(電子版)によると、セミナーでは、各地域の農産物に合わせた肥料や収穫量の拡大方法などを説明する。アウンバンでは、出席した1,000人以上を対象に特産品のキャベツなどに適した肥料を紹介。問題発生時にアドバイスを受けられるアプリなど、ヤラ・インターナショナルのデジタルプラットフォームも紹介した。

ヤラ・インターナショナルは、今年1月にミャンマー法人ヤラ・ミャンマーを設立。同社のホバル・バルベド・カントリーマネジャーは「農機具の供与なども通じ、ミャンマーの農家の収益拡大に貢献する」と述べた。


関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

4Gデータ通信「アナンダ」、ヤンゴンで開始(15:37)

国内企業の景況感は悪化傾向 商議所調査、政権交代の恩恵薄く(05/28)

計画・財務相の辞任を承認、後任人選へ(05/28)

蒸留酒大手ペルノ・リカール、緬市場に参入(05/28)

ロヒンギャ難民58人帰還、独自に(05/28)

ヤンゴン川の東西結ぶつり橋、政府が計画(05/28)

携帯電話の普及率、110%超に拡大(05/28)

バガンへの来訪者、1~4月に23万人超(05/28)

天然ガス供給拡大で外資誘致促進、政府(05/28)

保健省、今年の看護師採用は前年比2倍(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン