タイなど外国企業2社、ティラワ拠点に投資

自動車用鉛蓄電池の製造・販売を手掛けるタイのサイアムジーエスバッテリーとインドネシアの製薬大手カルベ・ファルマの2社が、ミャンマーでの投資を計画している。投資額はそれぞれ1,014万米ドル(約11億円)と1,825万米ドル。シンガポールのニュースサイト、ディールストリート…

関連国・地域: タイミャンマーインドネシア日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車医療・薬品金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

誘致は逆風、ビザ緩和に期待 ヤンゴンで国際観光エキスポ(下)(07/24)

ロヒンギャ問題諮問機関、元タイ大使が辞任(07/24)

チャット安進行、貿易赤字拡大の懸念(07/24)

ヤンゴンの4~6月FDI、3.7億ドルに(07/24)

ヤンゴンに映画産業振興センター開設(07/24)

マンダレーなどで農業地帯整備、計画策定へ(07/24)

MPT、ヤンゴンで家庭向け光通信を拡大(07/24)

商工会連盟、中小企業のデジタル化を支援(07/24)

ベトテル、ミャンマー開業1カ月で200万件(07/24)

【ミャンマー進出関連法】新会社法(20) 第148回(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン