• 印刷する

テイクオフ:「きょうは青色のボール…

「きょうは青色のボールペンを用意しているよ」。オフィスから自宅への帰り道に顔なじみの物売りの少年がいる。年齢は8歳くらい。いつも同じ場所にいる。足元は裸足で、ボロボロのシャツを着ている。

出会う度に買うので、自分はお得意さまなのだろう。前回欲しかった色は必ず覚えている。お釣りをごまかすことはなく、5ルピー(約8円)でもちゃんと返してくれる。ふとした瞬間に出る疲労が混じった表情はどこか大人びていて、別れ際に浮かぶ笑顔はまだ子どもであることを感じさせる。

インドでは、路上や歩道で物売りをする子どもが多い。彼らの背後には売り上げをピンハネするたちの悪い業者がいるとされる。「きょうの製品はとても良いよ」。少年はポケットにいつも多くのボールペンを入れ、1ルピーでも多く稼ごうと汚れた足で街を歩いている。(と)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本から遠く離れ、気軽…(01/23)

ヤマハがスポーツで攻勢 300万台市場、今年6モデル超投入(01/23)

高級スクーター販売、市場全体の25%占める(01/23)

二輪TVS、18年10~12月は2桁の増収増益(01/23)

バジャジ、小型四輪キュートを3月に発売(01/23)

マイトラ、電動バス導入に10億ドル投資(01/23)

VWの排ガス不正問題、他メーカーを調査も(01/23)

川崎陸送、西ベンガル州で倉庫100棟設置へ(01/23)

プラバト、乳製品事業を仏ラクタリスに売却(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン