工業地域の容積率規制を緩和へ、最大1.5倍も

台湾経済部(経済産業省)は、工場や研究施設が集積する「工業区(工業地域)」と「科学園区(サイエンス工業団地)」の容積率規制を緩和する方針を固めた。容積率を条件に応じて最大1.5倍まで認める「都市型工業区更新立体化発展法案」の最終案を近く取りまとめる。台湾ではかねて…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ビール2本につきタマ…(05/22)

日台で電動二輪車用電池を開発 中油とTDK、年末までに合弁会社(05/22)

TSMCの7ナノ、6月にも出荷へ(05/22)

鴻海、中国太原工場でiPhone生産向け研修か(05/22)

聯発科技、OPPOミドルレンジ機種向け受注(05/22)

聯発科技、ホームポッド廉価版にチップ供給か(05/22)

中国の格力、鴻海とロボット生産で提携(05/22)

群創、従業員72人解雇で波紋(05/22)

力晶、中国・ビットメインにメモリー供給(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン