テイクオフ:ベトナム・ホーチミン市…

ベトナム・ホーチミン市からだと首都ハノイよりもバンコクに行くほうが近い。定期的に買い出しに行く知り合いに言わせれば「大きな『メコン商圏』」。格安航空会社(LCC)の発達に加え、グローバル化した配車アプリが移動を楽にしているという。

自身もタイに赴任後今のところ一度もタクシーに乗っていない。前任地で何度かあった現金決済が原因のトラブルは防止し続けたいが、やはりグラブがウーバーの東南アジア事業を買収することの影響が気になる。後者の車両のマッチングの速さは、通勤など場面ごとに使い分けができたからだ。

それでも一強になるグラブの良さもタイでは感じられそう。利用でたまったポイントが使える店やサービスが、ベトナムよりも充実していることがその一つ。隣国でためたポイントまでバンコクで消費する。それが巨大商圏ということか。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2階の屋根部分の骨組み…(06/21)

販路拡大、東南ア展開を探る ものづくり商談会、164社が出展(06/21)

東海光学、地場TOGと眼鏡レンズ生産(06/21)

家電の海外売上高6割に、パナの22年度目標(06/21)

セイコー、高級腕時計の販売を加速(06/21)

コマツ、新システムなど提供でシェア維持へ(06/21)

TTC、ベンツ認定の塗装センターを開業(06/21)

タイ医薬品傘下の配送会社、ヤンゴンに拠点(06/21)

ホンダ、新型HR―Vを7月8日発売(06/21)

タイ在住の出稼ぎ労働者、42万人の登録完了(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン