• 印刷する

テイクオフ:ベトナム・ホーチミン市…

ベトナム・ホーチミン市からだと首都ハノイよりもバンコクに行くほうが近い。定期的に買い出しに行く知り合いに言わせれば「大きな『メコン商圏』」。格安航空会社(LCC)の発達に加え、グローバル化した配車アプリが移動を楽にしているという。

自身もタイに赴任後今のところ一度もタクシーに乗っていない。前任地で何度かあった現金決済が原因のトラブルは防止し続けたいが、やはりグラブがウーバーの東南アジア事業を買収することの影響が気になる。後者の車両のマッチングの速さは、通勤など場面ごとに使い分けができたからだ。

それでも一強になるグラブの良さもタイでは感じられそう。利用でたまったポイントが使える店やサービスが、ベトナムよりも充実していることがその一つ。隣国でためたポイントまでバンコクで消費する。それが巨大商圏ということか。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:分かりそうで分からない…(01/23)

【ASEAN】日本に似てきたタイ市場(01/23)

18年の新車販売は103.9万台 5年ぶり大台、19年も百万台予測(01/23)

ブリヂストン、輸出強化で5%増収目標(01/23)

メルセデス、高級クーペのCLSを発表(01/23)

PPP委員会、オレンジライン西部区間承認(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

レムチャバン港入札、公団がTOR修正へ(01/23)

18年の主要6空港利用者、5.5%増の1.4億人(01/23)

フェリー運航ラチャ、南部で3路線目を就航(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン