• 印刷する

中郵電商、旅行者の土産物運送サービス開始

クロスボーダー電子商取引(越境EC)向けのサービスを手掛ける香港企業の中郵電商は、香港を訪れる中国本土旅行者を対象に、小売店で購入した土産物の運送サービスを始める。旅行者に手ぶらで観光を楽しんでもらう狙いがあるほか、提携する小売店の売り上げ増につながる効果も期待している。9日付明報が伝えた。

化粧品小売りのボンジュール(卓悦)など、指定の120店余りでサービスを開始する。旅行者から預かった商品は、自社の物流網を利用して7~11日で配達。香港のほか、東京や大阪でも同様のサービスを始める計画だという。

中郵電商の陳啓成最高経営責任者(CEO)によると、今後は提携する小売店向けにECサイトを構築することも検討する。

陳CEOは、中国政府による180品目の輸入税引き下げにも言及。「EC事業者への影響は軽微で、本土の旅行者が香港で買い物をするという習慣が短期的に変化することはない」と強調した。


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売りサービス観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:映画を観ることが好きな…(10/16)

住宅の小型化に歯止めか 公営供給増加で需要変化(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(10/16)

香港株式の実名制導入、来年にも諮問へ(10/16)

仮想通貨取引所に規制導入を検討、SFC(10/16)

英国とファンド相互承認、2500本販売可能に(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン