今年の家電販売額、4年連続で減少見込み

インドネシアの電器製品業者連合(Gabel)は、今年の国内家電販売額を前年比1割減の30兆6,000億ルピア(約2,391億6,500万円)と予測している。家電販売額は、買い物よりも観光などレジャーを優先するようになった消費行動の変化により、ここ4年間連続で減少している。9日付インベストール・デイリーが伝えた。

Gabelのアリ代表は、安定的な経済成長で購買力を高める必要があるとして、今年予定されている地方選挙やアジア競技大会の開催、新製品の発売などは、家電製品の販売増加につながらないとの見解を示した。輸入家電製品の流入で、国産品のシェアが5割まで低下している点を指摘し、政府に対し輸入品に対する緊急輸入制限(セーフガード)の発動や、テレビなど家電製品への現地調達率規定の制定を要請した。

アリ代表はまた、高速通信「4G」対応スマートフォンの今年の販売台数について、引き続き増加が見込めると予想。2017年初旬に4G対応スマートフォンの現調率規定が制定されてから、輸入品が確実に減少したと評価した。

17年の国内携帯電話生産台数は6,050万台に増加した一方、輸入品は1,140万台にとどまった。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: IT・通信電機

その他記事

すべての文頭を開く

西ジャワの繊維上流産業2社が工場を閉鎖(05/25)

プルタミナ、製油所拡張は25年に完了(05/25)

チカンペック高速、大祭前後は通行規制中止(05/25)

電気自動車、産官で温度差 技術開発の投資先行に産業界困惑(05/25)

テイクオフ:「お墓、どうします?」…(05/25)

為替参照、1万4200ルピア台突破(05/25)

ペリー中銀総裁が就任、ルピア安定化に注力(05/25)

1ドル=1万7000ルピア以上進まず、前総裁(05/25)

損保インシュランス、シャリア事業を開始(05/25)

財務相、新優遇税制の草案を今月中に策定(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン