正月を自宅で祝う傾向高く 食品配達など普及で、支出3割増

タイ正月(ソンクラーン、4月12~16日)期間中のバンコク市民の消費動向調査によると、今年は自宅で休暇を過ごす人が増え、バンコクでの支出額は前年同期比27.6%増の86億4,000万バーツ(約296億円)に急伸する見通しだ。調査を実施したカシコン銀行傘下の民間総合研究所カシコン…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 小売り・卸売り観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「あなた日本人?」タイ…(08/20)

レジ袋・ストローに環境配慮 生分解プラ商機、日系も製造販売(08/20)

エアアジアが欧米便に意欲、日本発着国際線強化(08/20)

日産、東南ア向け新型SUV「テラ」を発表(08/20)

三菱自、MPV「エクスパンダー」を発売(08/20)

タイポスト、郵便事業の高度化推進(08/20)

JWD、レムチャバン港の運営に意欲(08/20)

不動産シンハ・エステート、子会社2社設立(08/20)

ライモン、スクンビットのコンド2件買収(08/20)

【予定】20日 対中制裁第3弾でUSTR公聴会ほか(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン