自動運転の開発に暗雲、事故続き公道試験中止も

【ニューヨーク共同=古瀬敬之】米国で「自動運転技術」を搭載した車が絡む死亡事故が続き、安全性への信頼が揺らいでいる。事故後に公道試験を中止する企業も相次いだ。急ピッチで進んだ「夢の車」の開発に暗雲が垂れ込めている。法整備を進める日本の取り組みにも影響しそうだ。…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

国内生産1千万台必要、自工会の豊田新会長(05/22)

日台で電動二輪車用電池を開発 中油とTDK、年末までに合弁会社(05/22)

円借款の鉄道建設2件を入札 土木工事など、来月1日に説明会(05/22)

国道5号線の南区間、日本支援で改修に着手(05/22)

カーナビ開発に事故情報、神奈川県警とトヨタ(05/22)

飲食店の購買管理サイト、日系企業が開発(05/22)

4月のメーカー別車輸出、増減が半々(05/22)

SMBC信託銀行とBOS、覚書を締結(05/22)

古河電工、100億円で車用組み電線工場増強(05/22)

損保2社減益、東京海上は過去最高(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン