• 印刷する

タイとの国境貿易、輸入車規制で減少

ミャンマー東部カイン(旧カレン)州ミャワディの国境検問所を通じたタイとの国境貿易が、昨年からの輸入車規制の強化により、約3%縮小したことが分かった。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーが9日伝えた。

17年4月~18年3月23日の取引額は、前年同期比3.2%減の8億7,800万米ドル(約940億円)。自動車の輸入が大きく減少したことが全体に影響した。ミャンマー政府が今年からすべての車両について輸入車を左ハンドルに限定したことに加え、関税制度を世界貿易機関(WTO)の規定に基づく標準に変更したことが要因。直近2カ月間に、約2,000台の車両が国境でミャンマーへの輸入差し止めになったという。一方、ミャワディからの水産品の輸出は順調だった。

ミャワディは、7カ所あるタイとの国境貿易の検問所の中で貿易額が最も大きい。残る6カ所の17年4月~18年3月23日の取引額は、南部タニンダーリ管区メルギー(メイ)諸島が2億5,400万米ドル、タニンダーリ管区コータウンが1億9,900万米ドル、ティーキーが1億2,200万米ドル、北東部シャン州タチレクが8,500万米ドル、タニンダーリ管区モータウンが700万米ドル、メーズが92万米ドルとなっている。


関連国・地域: タイミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アリババ系が初の大型販促 「独身の日」でEC市場拡大狙う(10/22)

健康、教育分野の新興企業に投資=TVP(10/22)

大統領介入、イレブン記者は解放の方向か(10/22)

UEHRD1年で組織強化促す、スー・チー氏(10/22)

英政府と蘭の飼料会社、養豚業の振興支援(10/22)

政府、数年内に対GDP税収率15%目指す(10/22)

来月7日がディワリで国民の休日に(10/22)

国連特使、北部カチン州の難民キャンプ視察(10/22)

バガン伝統工芸の馬毛漆器、絶滅の危機(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン