• 印刷する

アスコット、日中タイの不動産開発社と提携

シンガポール政府系不動産開発会社キャピタランド傘下のサービスアパート運営大手アスコットは9日、NTT都市開発など日本、中国、タイの同業3社とそれぞれ提携したと発表した。各国でのサービスアパートの運営や開発で協力する。

NTT都市開発とは、日本での事業機会を探るため協力する。現在、福岡と横浜でそれぞれプロジェクトが進行中という。

中国では、山水文園集団(リバーサイド・グループ)と提携。同社が浙江省と重慶市で開発中のサービスアパート2軒(計350戸)の運営をアスコットが担う。アスコットは昨年11月、山水文園から北京のサービスアパート1軒(190戸)の運営も受託している。今後は他の主要都市でも協業の機会を探る。

タイでは住宅開発大手アナンダ・デベロップメントと提携した。アナンダにとって初のサービスアパート事業として、まずはバンコクで4軒の開発が決まっている。計1,500戸近くになる見通しで、2020~21年の開業を予定する。

アスコットによると、同社が手掛けるサービスアパートの戸数は18年1~3月期に新たに5,000戸余り増えた。


関連国・地域: 中国タイシンガポール日本
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

ベストエンプロイヤーに7社 DBS銀など、エーオン調査(08/17)

武蔵野銀、さいたま市の企業の展示会出展支援(08/17)

【アジア三面記事】知事の反論(08/17)

銀行融資伸び率、不動産投機抑制などで鈍化へ(08/17)

株価6営業日続落、OCBC銀行は1.4%安(08/17)

【予定】17日 米国糖尿病エデュケーター学会議ほか(08/17)

訪日シンガポール人、7月は9%増(08/17)

【訃報】井出洵氏(元三井生命保険常務)(08/17)

京都の「%Arabica Coffee」が1号店出店へ(08/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン