3月末の外貨準備高、3年ぶり水準に減少

フィリピン中央銀行は6日、2018年3月末の総外貨準備高(GIR、速報値)が801億2,750万米ドル(約8兆5,600億円)だったと発表した。中銀の米ドル売りペソ買い介入、政府の外貨建て債務の償還により、前月末(改定値)から3億米ドル減少。14年12月の795億4,000万米ドル以来の低…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 経済一般・統計


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:会社のドライバーが忌引…(07/17)

税制改革法案第3~4弾、今月中に議会提出(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

政府インフラ整備、民間企業が主導的役割(07/17)

5月の海外送金受取、6.9%増の25億ドル(07/17)

フィルヘルスの被保険者、全人口の93%に(07/17)

16日為替:$1=53.530ペソ(↓)(07/17)

グラブの成長速度は比が最低、規制がネック(07/17)

ICTSI、スーダン港運営で優先交渉権(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン