主要12港の貨物取扱量、昨年度は5%増

インドの主要12港の2017/18年度(17年4月~18年3月)における貨物取扱量は前年度比4.8%増の6億7,935万トンだった。9港がプラス成長を記録した。 首位の西部グジャラート州カンドラ港と東部オディシャ(オリッサ)州パラディープ港が1億トンの大台を突破した。上位5港…

関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計電力・ガス・水道運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:米国で銃乱射事件が相次…(05/28)

南部2州、進む投資環境整備 自動車中心に需要底堅く(05/28)

トヨタがスズキに技術支援、印アフリカ開拓(05/28)

マヒンドラ、南アにピックアップ組立工場(05/28)

乗用車市場、20年以降はディーゼル25%以下(05/28)

アポロ、AP州でトラック向けタイヤ生産(05/28)

日本紙パルプ商事、インドで合弁設立(05/28)

貨物鉄道西回廊、独立記念日に一部開通(05/28)

建設L&T、バングラ鉄道関連事業を受注(05/28)

デルタ航空、ムンバイ直行便を来年再開予定(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン