中興新村に一部政府機関を移転、行政院長が意欲

1950年代に「台湾省」の省都として建設された人工都市「中興新村」(南投県南投市)に、一部の中央政府機関を移転する動きが進んでいる。台湾行政院(内閣)の頼清徳院長(首相)は6日、中興新村を視察し「既に一部の建物は政府機関の会議などで利用されている」と指摘し、台北市…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本企業への就職を希望…(05/28)

日本企業、台湾人材の採用強化 語学・理系に注目、パソナJOB博(05/28)

華新科技総経理、MLCC需要「10年で10倍」(05/28)

研華董事長、IoT注力で好業績予測(05/28)

中鋼の3Q鋼材価格、平均1.9%引き上げ(05/28)

注射剤の康友、インドネシアで登録許可証取得(05/28)

衛福部、看護師の人員配置標準に上限設定へ(05/28)

中裕新薬、HIV治療薬の米国内販売拡大に期待(05/28)

海外航空18社が地名表記修正、民航局要求(05/28)

高雄205兵器工場移転計画、内政部が認可(05/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン