• 印刷する

テイクオフ:清明節連休のさなか、日…

清明節連休のさなか、日本の知り合いから「ボクシングの日中対抗戦を観戦しに上海に来ている。一緒に行かないか」と突然の誘いがあった。タイトルマッチも含まれるというのに随分こぢんまりとした会場だったが、おかげでどの座席もリングに近く、打撃のたびに弾けるボクサーの汗のしずくまで見てとれた。全7戦が行われ、中国側が勝ち越した。

最近は中国でもプロボクシングの興行が増えてきたと、知り合いは言う。その理由というのが、うそかまことか、習近平国家主席が好きなスポーツの一つにボクシングを挙げたからなのだそうだ。

彼曰く、中国のプロボクシングはまだ発展途上で、たとえ小規模でもこうした対外試合が選手のレベルを上げる。先の全国人民代表大会(全人代)を経て2期目を迎えた習政権だが、図らずも中国プロボクシングの発展を促し、ひいては日本のボクシング界にも影響をもたらす、のかもしれない。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

唐揚げの天下鳥ます、香港1号店(12:19)

日系企業の求人、1~3月は製造業で横ばい(11:55)

コメ輸出、中国向け減で低迷 EU、アフリカ問題も逆風(04/25)

工作機械受注5.1%減、中国経済減速で=18年度(04/25)

テイクオフ:きれいに整備された通り…(04/25)

日本電産が純利益15%減、中国減速で(04/25)

1~4月のFDI、81%増の146億ドル(04/25)

2Q中小景況感がV字回復 4四半期ぶりの上昇、3年で最大(04/25)

常態化する「サービス残業」 ホワイトカラーの7割、大企業も(04/25)

国民感情に配慮、中国は韓進買収目指さず(04/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン