• 印刷する

テイクオフ:清明節連休のさなか、日…

清明節連休のさなか、日本の知り合いから「ボクシングの日中対抗戦を観戦しに上海に来ている。一緒に行かないか」と突然の誘いがあった。タイトルマッチも含まれるというのに随分こぢんまりとした会場だったが、おかげでどの座席もリングに近く、打撃のたびに弾けるボクサーの汗のしずくまで見てとれた。全7戦が行われ、中国側が勝ち越した。

最近は中国でもプロボクシングの興行が増えてきたと、知り合いは言う。その理由というのが、うそかまことか、習近平国家主席が好きなスポーツの一つにボクシングを挙げたからなのだそうだ。

彼曰く、中国のプロボクシングはまだ発展途上で、たとえ小規模でもこうした対外試合が選手のレベルを上げる。先の全国人民代表大会(全人代)を経て2期目を迎えた習政権だが、図らずも中国プロボクシングの発展を促し、ひいては日本のボクシング界にも影響をもたらす、のかもしれない。(反)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

国民が求める改革を推進、習総書記が強調(09/21)

米中貿易戦争、比は年間47億円受益(09/21)

米レミットリー、送金シェア4割めざす(09/21)

涼茶の鴻福堂、中国の全店閉鎖で撤退(09/21)

テイクオフ:「偽札が1枚あったら全…(09/21)

中国各地から高鉄で香港へ 国慶節、乗車券売り切れ相次ぐ(09/21)

千代田インテが車載部品強化 電動化に対応、機能材に強み(09/21)

ラオス中国鉄道、雇用問題を解決=学会(09/21)

日本も「一帯一路」参画を 中国建設大手や外資海運が期待(09/21)

高鉄開通でキャセイに打撃、路線網に影響も(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン